暮らしの覚え書き

古典やいろいろなお話が好きです。妖怪や伝統行事も気になります。暮らしていく中で、ふと心にのぼったあれやこれやを書いていきます。

縄文のビーナス 仮面の女神

少し前に、長野へ旅行に行きました。

 

そこで、国宝の「縄文のビーナス」「仮面の女神」という2体の縄文土偶を見ました。〈茅野市尖石(とがりいし)縄文考古館〉です。

 

はるか昔の人々が、このような土偶を作り上げる技術を持っていたことを知りました。

しかし、これを全員が作ることができたわけではないでしょう。

 

展示の中には、まだ上手ではない者が、多分練習で作ったものだろうと推測される土器などの展示もありました。

 

未熟な者が練習をして、上級者になっていくという課程が縄文時代にもあったと考えられるということのようです。